生きたまま腸に届く乳酸菌をさがせ!

yogult1調べてみると、野菜や果物だけでもたくさん腸内環境を整える食品があるから
何を食べてもいいんじゃないか、って思ってしまいますよね?

一つのものに偏らないでいろいろなものを摂取するのがいいのですが、実際は
なかなかそうはいきませんね。

生きたまま腸に届く乳酸菌を毎日とれば、手っとり早く善玉菌が増えるからそれにしよう!
ってことで、最近毎日乳酸菌飲料を飲む人がすごく多くなりました。

    腸まで届く乳酸菌の一例

  • ダノンビオのビフィズス菌「BE80」
  • 森永ビヒタスの「BB536」
  • 明治プロビオの「LG21」
  • 雪印メグミルクの「ガゼリ菌SP株」
  • ヤクルト400の「乳酸菌シロタ株」

これらはスーパーなどで手軽に手にはいるものばかりです。

生きたまま腸に届く乳酸菌は本当は、腸では死んでいた?!

実は、どの乳酸菌がいいかはそれぞれの人の体質や腸の状態によって違うんです。
また、小腸で生きる菌大腸で生きる菌も違うわけです。
また、整腸作用のない乳酸菌あります。

つまり、誰にでも万能に効果的な生きたままの乳酸菌はないということなので、定期的に乳酸菌を
摂取
すること、また、いろいろな種類を1週間~2週間ほどずつ継続して試し、自分の腸に合った
乳酸菌を探す
のも大事なのです。

乳酸菌は200種類以上ありますからその中から自分の腸に合う菌をさがしてみるのもいいですね。

相性のよい乳酸菌さがしのポイント
 乳酸菌を実際に飲み、効き目があるかどうかを試す
 期間は1つの商品につき2週間程度を目安
 飲んだ期間の効果をしっかりチェックし記録する

乳酸菌の商品によっては複数の菌を使っていたり、オリゴ糖や食物繊維などを加えて効果が
現れやすくしているのがあります。
試してみた商品がどんな乳酸菌を使っているかもチェックしておくのも重要ですよ。


この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

コメントを残す