炭水化物抜き(糖質抜き)ダイエットの危険

gohan
ご飯抜き糖質抜きダイエットは、とにかく実践している人も多く
結果も早くでるので人気です。

しかし実は、長く継続するとダイエットには逆効果って知って
いますか?

炭水化物の糖分は体内で中性脂肪に変わり、人間のエネルギー源となります。
炭水化物を抑えることで中性脂肪を減らして痩せる、という仕組のダイエット法は
確かに一時的に痩せるには効果があります。

    1日に必要な糖分

  • 1日に必要な糖分・・・170グラム
  • 120~130g・・・・・脳で使う糖分
  • 30g・・・・・・・・全身に酸素など運ぶ赤血球のエネルギー源として使う糖分

上の条件で人は毎日糖分が最低限必要な量というのがあり、これは一時的にため込むことが
できないので、毎日適度に摂取する必要があります。

もし糖質(炭水化物)が足らないとどうなるのでしょうか?

糖質を制限するとこうなる!
 糖質の代わりにタンパク質が使われる
 タンパク質中のアミノ酸を糖に作り変える
 肝臓がアミノ酸を糖に変えるシステムが稼働

この状態は実はすごく怖いことになります。

タンパク質を糖に変えられるなら、肉やお豆腐や豆を沢山食べればいいのね!と短絡的に
考える人もいるでしょうが、人の生命維持に必要なエネルギーをタンパク質でまかなうためには
毎日数kgの肉や魚を食べなければなりません。

そこまで取ることができないから、ご飯などで補うのが一番理想なんです。

    タンパク質が摂取できないとどうなる?

  • 自分の体の筋肉を分解しアミノ酸として糖に変える
  • 体の筋肉量が減ってしまう

人の体の筋肉がなくなると、今まで支えられていたものが、どんどん弱くなってしまいます。
軽く転んだだけで、骨折したり、腰痛や体全体が重くなったり疲れやすくなったり
いろいろな障害が起きてしまう危険があります。

やはり極端な炭水化物抜きダイエットは非常に危険というのがわかりますよね。


この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

コメントを残す