脚が太い病気の見分け方!

leg中学生や高校生などの思春期には太ももがわりとぱつぱつ(ぷりぷり?)っとしていて、それが若さの象徴であったりしてほほえましいものです。

年齢を重ねるごと、20代前半にかけて徐々に足の太さは落ち着いてくるものですが、それでもなお上半身と足の太さのバランスがあまりにも悪いという場合は、病気を疑ったほうがよいかもしれません。

足がのバランスが悪く、太くなる病気は何が考えられるのでしょうか。

    足が太くなる病気

  • リンパ浮腫
  • 下肢静脈瘤
  • 妊娠中毒症
  • 冷え性

上記3つは医者にかかる必要があり要注意です。

実は、冷え性を患っていても足が太くなるのです!。要は血行が悪いことでむくみやすい状態になるんですね。むくんでいる=太っているとは一概に言えませんが、むくんでいることで太く見えてしまうのでやはり同じと考えてよいでしょう。

また、足首が太いと、足が細くても太く見えてしまうというデメリットもあります。足首太いかも、、、という人は、足首を強調しないような靴を選ぶといいですね。靴専門店などで相談するのもよいでしょう。