やせる朝食の効果?太りにくい朝ごはん

breakfast
1日の始まりに食べる朝食は、体を目覚めさせるために
とっても重要なのを知っていますか?

1日活動するために必要な栄養素をしっかり補いながら
余分な脂肪や糖質は抑えた食品を食べたいですね。

ダイエット中の朝食は特に注意する必要があります。
上手に食べれば、理想体型に簡単にたどりつけますよ♪

    ダイエット中の朝食のポイント

  • 果物や野菜など酵素を含んだ食品ととる
  • 温かい食品で体温を上げる
    ※みそ汁やスープ、しょうが紅茶もOK
  • 量より質で食べるものを選ぶ
    ※玄米や雑穀ご飯やバナナ、乳酸菌飲料など
  • とにかくよく噛む
    食品は1口で30回以上噛む

あれ?ビタミンは?カルシウムやたんぱく質など栄養素については考えなくていいの?って
思われるでしょうか。
もちろん栄養バランスの良い食品を朝一番に取るのはとても重要ですが、無理をしては逆効果です。糖分の少ない果物とヨーグルトだけでも、朝食抜きよりは断然にいいです。

毎日仕事に出かける前にゆっくりと食事をとる余裕のある人は少ないと思います。
でも朝食抜きになってしまうのは悪循環なので、簡単なものでいいから朝食を食べるのが
おすすめです!

朝食抜きのデメリットとは?
 エネルギー不足の赤信号!脂肪を溜め込む体質へ
 将来インシュリン不足になる危険性がある
 血糖値のコントロールがしにくくなる
 低体温化や脳に栄養がいかず一日中眠くなる

ざっとあげても朝食抜きは体に悪いことばかりです。
朝からしっかりご飯を食べる必要はありませんが、軽食程度でいいので栄養のあるもの
少しでもいただくようにしましょう!

特に便秘がちな人朝食は命綱ともいえるくらい重要です。
ワカメやコブなど海藻類や野菜をよく噛んで食べること。

お味噌汁に入れて食べるなら、お味噌に含まれる酵素もとれて体もあたままって
とてもダイエットに効果的です!
ローカロリーなのに、美味しく痩せれるお味噌汁は、最高の朝食ですね!

朝食は雑穀ご飯にゴマ塩振っていただく!
みそ汁プラスで優秀なダイエット食品!
雑穀米


この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

コメントを残す